拝啓、20歳の君へ

 

こんばんは。

家族写真家の佐々木宏和です。

 

年末から首のハリがひどく、微熱っぽさが続いてたのですが、ようやく回復して来て、今夜は少し遅くまでパソコンに向かっています。

 

成人式を過ぎて撮影のピークが落ち着いてきました。

明日から、遅れてしまった仕上げをする毎日がしばらく続きそうです。

 

 

 

拝啓、20歳の君へ

成人式の当日、朝一番に来てくれてどうもありがとう。

君が初めてアトリエに来たのはまだ中学生の頃、お母さんとお姉ちゃんを含め4人家族の撮影でしたね。

あの時、君はまだお姉ちゃんに頭が上がらない感じの、可愛い男の子の印象でした。

 

その後、撮影のたびに何度か会いましたが、久しぶりに会った20歳の君は、夢を持ち、お父さんと肩を並べるほど立派に成長していましたね。

君は嫌そうにしてたけど、君の雰囲気はお父さんとそっくりでした。

 

僕はあの日、最初に君とお父さんを見た時、月並みだけど「父子の絆」を感じたんだ。

普段、「絆」って言葉が使われ過ぎてあんまり好きじゃなかったんだけど、君の成長が本当の「絆」ってやつを僕に見せてくれたんだよ。

そして、お母さんも嬉しかったんだね、「お父さんと一緒に撮って欲しい」というリクエストをくれたんだから。

 

照れながらも、君は撮影を楽しんでくれたね。

僕は君を撮りながらずっと、「絆」をどうやって撮ろうかって考えていたんだ。

君とお父さんが20年かけて創ってきたもの、

そっくりな雰囲気、

父子だから似てしまう仕草、

君の照れ臭さ、

お父さんの温かさ、

血が繋がっていることの表現をどうしようか?ってね。

 

やっと、僕が最後に思いついたのが後ろ向きで撮ることだったんだ。

君もお父さんも意外な顔していたね。

でも、「絆」って感じるものだと思うから、顔が見えなくて背中や手足の仕草だけの方がいいと思ったんだ。

 

君はまた嫌がるかもしれないけど、カメラから見る君とお父さんの背中はやっぱりそっくりだったよ。

仕方がないね、父子なんだから。笑

お母さんも僕の横で、君たちの背中を見て嬉しそうにしていたね。

 

どうかなこの写真。

君とお父さんの「20年の絆」が写ってると思わない?

君はとても幸せそうだよ・・・。

 

敬具

 

_____家族写真家 佐々木宏和

 

 

2月4日アトリエささきで、小さなイベントやります。

よかったらお越しください。(予約制)

http://家族写真.jp/イベントのお知らせ/