父が大きく見えた日

昨年の夏、撮影中にカニを見つけた少年。

初めての遭遇に、捕まえたいけど、さわれない。

そして、少年の目はカニの方に向くばかり。

 

撮影はちょっと中断。

カニを捕まえないと少年は落ち着かない。

 

すぐに、一緒に来ていたお父さんが、なんなくカニを捕まえ、少年にカニの持ち方を教えていました。

その後の撮影では、少年の手はカニを掴んだままなのは言うまでもありません。

 

撮影を終え、二人で遊ぶ親子。

手を繋いだお父さんの優しい左手が印象的です。

いつにもまして大きく見えるお父さんを、尊敬する様子が少年から伝わって来ます。

 

「なんでもない普通の日を撮りたいなあ」という気持ちで始めた撮影だけど、

父が大きく見えた日。

父を尊敬した日。

父の教えの日。

そんな素敵な記念日に遭遇できた気がします。

なんでもない普通の日には、お宮参りや七五三に負けないくらいの記念日が隠れています。

 

何気ない出来事なのに、いつまでも印象に残っていることって、あなたにもありませんか?

さらに、その印象があなたを彩っていることってありませんか?

 

この少年のように、子供たちはたくさんの印象を積み重ね、成長していきます。

もしかして、あなたも家族写真を撮る日、素敵な出来事と遭遇するかもしれませんね。

 

 

家族写真家 佐々木宏和